一流薬剤師への道 TRAINING

~日生薬局の『研修/育成システム』~

SCROLL スクロール

Introduction of
Nissei’s Training!
~日生薬局の『研修/育成システム』~

日生薬局の「研修」をご紹介

「あらゆるニーズに対応できる薬剤師」「地域に貢献できる人財」を目指す。そのための「研修/教育システム」をご紹介します。

年次による研修のスキルアップ 年次による研修のスキルアップ

1年次

一流薬剤師への第一歩

一流薬剤師への道は全てここから始まります

社会人・医療人として基本的マナー、知識、技術を習得します。新人の1年間は毎月集合研修を実施しており、多様なカリキュラムで成長をサポートします。

1年次の具体的な研修内容
「配属前集合研修」
基本的なビジネスマナーの取得です。
「リスクマネジメント研修」
薬を取り扱うこと、命にかかわる仕事であることを事例を通して学び、医療人としての自覚を身に着けます。
「OJT」
1年間で決められたカリキュラムに沿って行われる現場研修。
これ通じて、薬局運営に関わる業務の基本を一通り学びます。
「コミュニケーションスキル研修」
多様な年代の方々と接する上でのポイントをロールプレイ等通じて学び、実践で活かせるスキル取得を目指します。
「在宅概論」
在宅医療に関する基本的知識や日生薬局としての在宅医療への取り組みを身に着け、実践前に仕組みを習得します。
「レセプト研修」
保険請求の仕組み、PC操作の基本操作を学び、実践スキルを身に着けます。

2年次

より深く、より広く

1年次で学んだ知識の深化。 さらに後輩の教育担当として、新しいステージへ。

学んだ知識、技術を活かしさらにレベルアップ。そして後輩の教育担当としての新しいステージ。
新人の教育担当として、よき相談相手として、新人の成長を、1年を通してサポートします。

2年次の具体的な研修内容
「コミュニケーションスキル研修 マネジメントビギナー編」
年3回に分け実施。
2年目薬剤師は、新人の教育担当者となります。この研修を通じて後輩の指導を行うために必要なスキルを身に着けます。様々なシチュエーションを想定したロールプレイを通して、問題解決の方法などを学びます。
「OJT」
自分も学んできたOJTに、今度は教育担当者として向き合います。後輩とマンツーマンで、1年間を通して身に着けた知識などを教える立場として見直すことで、より深く理解し、定着させていきます。
「糖尿病治療医による糖尿病研修」
糖尿病治療に積極に取り組んでいる済生会中央病院から加藤清恵医師を講師として招き、研修を通して最新の治療方針について学ぶだけでなく、また医師として薬剤師にフォローしてほしい部分など、薬物治療を実現するための実践的な話を通して、糖尿病治療への理解を深め実践できる力をつけます。

3年次

地域に貢献できる「かかりつけ薬剤師」を目指して

「かかりつけ薬剤師」へ、「管理薬剤師」へ。新しいステージへの準備

調剤薬局で3年の実績、そして基準を満たすことで「かかりつけ薬剤師」としてのキャリアがスタートします。
「かかりつけ薬剤師」として、貢献できる力をつけるために、管理薬剤師候補として店舗のマネジメントを身に着けるために、よりハイレベルな研修を実施します。

3年次の具体的な研修内容
「コミュニケーションスキル研修 マネジメントアドバンス編」:年3回実施。
薬局全体の管理運営を行うために必要なスキルを身につけます。2年次と比較し、管理する範囲はより広がり、2年次よりもレベルの高い内容になっています。
「緩和ケア研修」
がん医療を中心とした緩和薬物療法の専門的な知識を身に着けます。
外部講師を招き日本の最先端の情報や、今度の動向などを学び、チーム医療での対応力を養います。
また、全5回の研修の後に、日生独自で認定試験を実施。合格者には「日生緩和ケア認定薬剤師」として認定しています。

4年次以降

高度な専門性、より高度なマネジメントスキルの取得

「かかりつけ薬剤師」から「一流薬剤師」への道

今までよりもレベルの高い研修を通して、管理薬剤師、薬局長、エリア長とマネジメントにおけるキャリアステップを昇っていきます。
他にも、より専門性を追求し、薬剤師としての様々な可能性にチャレンジすることが出来ます。「かかりつけ薬剤師」を経てさらに「一流薬剤師」を目指し、日生薬局の薬剤師はこれからも成長し続けていきます。

4年次の具体的な研修内容
「かかりつけ薬剤師フォローアップセミナー」
グループワークを通して、それぞれが抱えている問題点を解決するためのセミナーです。かかりつけ薬剤師として信頼され、貢献していくためのスキルや問題解決力を身に着け、さらにレベルアップを目的としています。
「薬局長セミナー」
店舗の責任者数名を統括する薬局長として、グループワークを通して問題解決に向けた方法を学ぶセミナーです。薬局長として、管理薬剤師よりも高いレベルでの考え方や、マネジメント方法を身に着けることを目的としています。
「メンタリング研修」:1年間を通して実施。
メンター制度と異なる点は新入社員ではなく、新任管理薬剤師であることです。先輩社員は管理薬剤師を数年経験した社員が担当し、日々の業務における様々な課題、疑問点などを克服、解決できるようマンツーマンで1年間実施します。

その他の全体研修

日々変化する医療ニーズに対応するため、多彩な外部講師を招き研修を実施

年次毎にレベルアップしていく集合研修に加え、常に最先端の情報を全体研修から取り入れることで、『あらゆるニーズに対応できる薬剤師』『社会に貢献できる薬剤師』の育成を目指します。

全体集合研修の具体的な研修内容
「薬局実務研修」
ハイリスク薬、乳幼児、麻薬といった一歩踏み込んだ薬学的な考察が必要な分野について集中的に研修を実施し、自信をもって取り扱う力が身に付きます。
「症例検討研修」
大学病院などで取り扱った症例を参考にし、患者の主訴から想定される疾患と、治療方法などを学び、薬からではなく、医学的見地から疾患を学ぶことが出来ます。さらに、医療業界を取り巻くトレンドを通して、今後薬局・薬剤師に求められる機能やスキルを学びます。
「業務効率化、在庫管理改善研修」
患者待ち時間の改善、薬剤師の負担軽減を目的とした研修です。薬局運営における1つ1つの作業を見直し、常識にとらわれない改革を実施し、安全と効率化の両立を実現できる薬剤師を目指します。
「禁煙指導研修」
健康サポート機能としても重要な禁煙指導への理解を深める研修です。禁煙治療薬全般に関する知識だけでなく、たばこ業界に関する現状、国の方針等を理解し包括的な指導を行えるようになります。